知っているようで知らない税理士の仕事

税理士の主な仕事を知ろう

税務代理、税務書類の作成

税理士さんしかできない仕事として代表的なものといえば税務代理です。
税務代理の仕事の内容とは、税金に関わる申告をすることや、申請に関わる業務を依頼者本人の代わりに行うことが主な仕事と言えます。

確定申告という言葉を一度は耳にしたことがある人は割と多いと思いますが、確定申告の事務的業務の内容は、知られていませんよね。 
確定申告と言っても一つではなく様々な種類があるため、専門的に詳しい人ではないと、スムーズに手続きがいかないことが多くあります。

その点、税理士はこのような難しい手続きを専門としている仕事のため自分でやる心配がありません。
それ以外でも税金に関わることは全て手続きをやってくれるのでとてもありがたい存在と言えます。

何回も相談できる税務相談

税理士との関係はうまくいった方が良いと思われます。
経営のパートナーと言われるぐらいですから、信頼関係を持たなければいけないのです。
主な仕事のもう一つは税務相談です。

税務相談をする際は税理士と長い時間、話し合いをするため、自分に合った税理士の方が良いと言われるのはここが原因のひとつです。
税務相談は税金や税務に関わる相談を詳しく聞いてくれることです。

顧問税理士であれば、会う時間と場所を作って相談する必要がなく、電話やメールでの相談もしてくれますし、相談回数も気にせずに、心配になった時に、その都度相談に乗ってくれます。
顧問税理士が一人いるだけで税金に対しての不安はなくなると言っても過言ではありません。

TOPへ戻る