知っているようで知らない税理士の仕事

税理士っていったいどんな仕事なのか

知っておきたい税理士を雇うデメリット

税理士を必要とされる人は、毎回毎回良い税理士を探して頼むということを繰り返すのはとても大変です。
それなら顧問契約をして同じ税理士さんに頼んだ方が信頼関係も生まれますし、経営のパートナーとしてアドバイスをしてもらえるような仲になる方が良いと思います。

デメリットとして考えられるのは顧問契約をすると契約金がかかったり、当たり前のようにお金がかかってきます。

それに全ての税理士さんが自分に合うかどうかは分からないので、時間をかけてでも信頼できる税理士さんを探すべきです。
デメリットはこれぐらいと言えるでしょう。
今税理士を探している方は自分にぴったりな税理士さんを根気よく探して、信頼できる経営のパートナーにしましょう。

知っておきたい税理士を雇うメリット

税理士が必要な方にとって、自分にとても合う顧問税理士は、必要不可欠と言えるでしょう。

いくら税金関係に詳しいからといって素人が勝手にやってはいけない業務があります。
それは税理士法第2条と言う法律に定められた三つの業務があるのですが、この三つは税理士の資格を持っていないとやってはいけないと決められています。

つまり税理士は必ず必要になってくるのです。
その他にも税理士が行える様々なサービスは、依頼者からしたらとても心強い存在になっていくでしょう。

このように税金に関係する業務はきちんとした資格を持った方にお願いするのが一番でしょう。
税理士にもセカンドオピニオンは存在します。
時間をかけてでも自分に合った税理士を探してみてください。

TOPへ戻る